芝貼りと目地の話

春らしさもようやく落ち着いてきた、ゴールデンウィーク間近の、4月下旬。

数件立ち続けに、芝貼りをしました。

平らにならして転圧し、砂利・石ころを丁寧に除去してから、

砂+堆肥を混ぜた床(とこ=下地)をつくり、

マット状の芝を敷いていきます。

タテ目地が互い違いになるように、次の段は半分ずつずらして。

これを「馬目地(うまめじ)」または「破れ目地」と言います。

(レンガ積みは、通常、この目地割りで積みます。)

馬の足跡が交互になるところに由来しているようですが、、、

 

一方、

タテ・ヨコの目地をまっすぐ揃える敷き方は、「芋目地(いもめじ)」または「通し目地」と言います。

なぜイモなのか。

敷き並べたら、踏んで、

目土(めつち)を表面に蒔いていきます。

芝のつなぎ目やスキマを埋めるためです。

板などで綺麗にならして、

たっぷり散水して、

出来上がりです!

芝は、手入れの手間がかかります。芝刈り、除草、空気入れ、肥料、水まき、枯草取り、、、、

年間通して、ほんとに、大変です。

しかし、

キッチリ刈り揃えられて整った芝庭の美しさ・清らかさは、やはり、

何ものにも代えがたいもの、かもしれません。