フジの仕立て直し<前編>

大きな外構工事と並行して、

個人邸の庭のリフォームも、同時にあれこれ動いています。

 

五月の連休ごろに花を咲かせる、フジ。

甘い香り。他には無い、清楚な色と佇まい。

てんぷらやビネガー漬けなどで、花の部分は食べることができます。

食べると甘みがあって、プリっとしていて、美味しいのです。

完全に季節限定もの。

 

さて、

ある御宅の門前の花壇に、巨大になり過ぎたフジの木がありました。

花は素敵なのですが、

ハチがぶんぶん寄ってくるので怖いし、

花の後は、葉っぱもつるも伸び茂り、ぼーぼーに。

 

巨大すぎて、門の通り抜けにも不便を強いられているのが、毎年気になっていらっしゃった、とのこと。

 

ということで、

まずは、さっぱりさせました。

思い切って。

 

だいぶ切り戻しました。

後日、藤を誘引して仕立てるための「アーチ」を据え付けます。

乞うご期待。