バージョンアップ!2年目の庭

2年前の夏にリフォームした花壇。

ビフォー。手前の巨大な木は、なんとクスノキでした(!)

大きさ的にも、場所的に無理がありました。

ヤツデのでかいのも。

 

あまりにも楽しさが無い、

花が無い。

ということで、

もっと花のある庭にリフォームしました。

 

 

一掃して、

こんな風に仕上げました。

 

あれから2年弱。

原住民のドクダミが、息を吹き返して、

ぼーぼーに。

 

6月は、ドクダミの天下。

ドクダミは、はびこり過ぎるので、雑草の「王様」的な位置づけ。

(本当は、日本在来の万能的薬草なんですけどね、、)

 

まずドクダミを除去しました。

お客様と一緒になって、こつこつと。

すっきり。

こうして見ると、「みんなちゃんと育ってるなあ、、」、という感じです。

(一番手前のガスメーターのところ、なんと、クスノキが復活している。。。)

 

さて、

ドクダミがなくなると、

淘汰され、消えてしまった花もあり、スキマが目立ったので、

 

「グラウンドカバー」=地面を覆ってくれる植物を足すことにしました。

グレコマ(西洋カキドオシ)など。

可愛い花も咲きます。

 

復活したクスノキの再抜根や、ドクダミの再除去からスタートして、

植え込みは一気に!

数時間で、出来ました。

「満ちた!」

という感じがします。

奥のメーターまわりは、

ラミウムが広がってくれるはず。

ほとんど全部、植えっぱなしで増えていくタイプの草ものでしたが、

千日紅。これだけは一年草ですが、入れました。

その名の通り、秋まで長~く咲いてくれるし、可愛い色味が欲しかったので。

一番手前のクスノキが居たところは、

「オタフクアジサイ」を植えました。

丸みのある愛らしい花びらのアジサイです。

「七変化」の異名もあるアジサイ。徐々に色が変わっていきます。

この時は、ちょうど夏至。

そして、梅雨が始まったタイミング。

クチナシが咲き始め、甘い芳香を放っており、

アガパンサスの花が、今にも爆発寸前でした。

梅雨本番の今頃には、

綺麗な青紫色の花が、咲いていることと思います。

(こんな花です。)

 

そして、

次はあの花、その次はこの花、、というように、次々と咲いていく筋書き。

楽しさ満ちあふれた庭、

2年目のバージョンアップ、完了です。

植え終わったとたんに、バーーーーッ!!!と、

降り出した雨。

こういうタイミングの雨は、根付きにとって、最高にありがたいです。

梅雨の恵み雨をたっぷり呑んで、しっかり根付きますように。