コッツウォルズ小屋、再び ~コッツウォルズ・ストーンの話~

弊社の事務所/ショールームの入口には、

イギリス産のコッツウォルズ・ストーンを使った、その名も

「コッツウォルズ小屋」があるのです、

が、、

気づいたら、ツタにすっぽり覆われて!

せっかくのコッツウォルズストーン感が、、、

(これはこれで、風情はあるんですけど。。)

 

ということで、

べりべりーーー!!っと。

ツタ(ナツヅタ)をひっぺがしました。

ひさしぶりに、スッキリ!

原型が、再びあらわになりました。

完全に埋もれていたステンドグラスも。

 

ただ、

ツタには、壁に張り付くための「気根」という吸盤があります。

それまで全部取りきるのは至難の業です。。

 

ちなみにこのツタは、「ナツヅタ」と言って、

夏に茂り、きれいに紅葉して、冬には落葉するタイプです。

去る冬は、

こんな感じでした。

そして、

ここ数年、クリスマスシーズンには、こんなこともしています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社の特色といえば、イギリス産のコッツウォルズ・ストーンです。

 

現地イギリスの大手:CNS(=Cotswold Natural Stone)社という石屋さんから、

本場コッツウォルズ・ストーンを直輸入しています。

(弊社の加工場兼置き場に、ストックしています。)

(イギリスのCNS社 石切り場の様子。)

(まさに採掘してる様子。)

(石切り場にて。弊社社長。)

 

この直輸入した石を、庭や外構で使うだけでなく、

自社の加工場にて、外壁に貼れる形状・サイズにスライス加工しているので、

このような「コッツウォルズ小屋」も作れる!というわけです。

 

この小屋は、木造・一坪サイズです。

(屋根はフランス瓦。)

 

ご要望に合わせてお造り出来ますので、ぜひお気軽にご相談ください。