ヴィンテージ・ロンドンを使って

弊社の自社直輸入レンガのうち、

最新の目玉商品が、「ヴィンテージ・ロンドン」というレンガです。

ヨーロッパのアンティークレンガの表情を持ちながら、破格の安さという代物。

このレンガを、外構に用いました。

門柱の笠木です。

 

施工中の一コマ。

モルタル系の接着剤を塗った上に、接着していきました。

門柱の大きさは、コンクリートブロック2個分の、80㎝。

ちょっとおおぶりなこのレンガ(23㎝くらい)。

そのままでは、この門柱にぴったり綺麗に収まらないので、

綺麗に等分されるよう計算して、カット加工しました。

赤みを帯びつつ、黄色みも混じっていて、

しわしわしてたり、ちょっとゆがんでたり。

まさしく、アンティークレンガの風合いなのです。

仕上げに目地を入れます。

ベージュとグレーの間のような、絶妙な色の目地モルタルです。

お客様のご要望で、目地幅は最小限の狭さにしました。

そして、

出来上がり!

です。

1F,2Fで分かれている2世帯住宅なので、表札も特注で。

日に照らされた表情は、こんな感じ。

アンティーク‛調’の、このレンガ。実は、

新品なのです。

、、なのですが、

ご覧の通り、アンティーク独特の、古びた風合い。

磁器タイルみたいにのっぺり・ツルツルしていない、ごつごつした、深みのある表情なのです。

 

そして、

すぐわきのアプローチも、このレンガを使用しました。

この色ムラ。この表情。

お施主様も大変気に入って下さいまして、

よかったよかった。