第24回ワークショップ

11月17日(土)は、第3週の土曜日で、ワークショップの開催日でした。

11月のワークショップは、「クリスマス スワッグ」のワークショップ。

 

 

店内は、朝からヒバの香りが漂い、森林浴に来たような気分です。

シルバー系のブルーアイス、黄金ヒバ、動きの面白いエンコスギで作ります。

 

しっかりめのブルーアイスを軸にします。

根元は、枝がすーっと見えるように、枝を払います。

ブルーアイスの軸に、スパイラル(茎が螺旋状になるよう)に枝を束ねていきます。

 

色見、雰囲気を見ながら、黄金ヒバ、エンコスギを束ねていきます。

エンコスギが入るとスワッグに動きが出て、雰囲気が良くなります。

この濃いグリーンが、他の色のヒバを引き立ててくれます。

 

赤い実のサンキライが入ると、ぐっとクリスマスの雰囲気に!

棘に注意ながら作業を進めます。

 

麻紐で結束。

しっかりとした枝に紐を引っかけてから、ぐるぐる巻いてきつく縛ります。

 

スワッグの背中側でかた結びした後で、引っかけられるように輪を作って玉結びします。

 

まつぼっくりは、おしりにワイヤーを引っかけて、ねじります。

バランスを見ながら、ヒバの枝に松ぼっくりを付けていきます。

白いコットンは、雪を思わせます。

 

華やかに、ゴールドと赤のリボンで結束した部分をデコレーション。

 

吊るしたときのバランスを考えて、リボンを流してみたり、

思い思いにリボンを飾り付けて仕上げました。

 

生花で作るスワッグは、シンプルな素材であっても、とても豪華で贅沢ですね。

みなさん、素敵なスワッグが仕上がりました!

素敵なクリスマスが訪れますように。

 

次回は、12月15日(土)

「お正月リース」のワークショップです。