濡れ縁的なウッドデッキ

ウッドデッキ(樹脂デッキ)というと、何となく広いものを想像していませんか?

リビングの延長として使える広々とした空間。

 

イスやテーブルでの生活が主流となった今、

外の空間でもイスやテーブルを置ける広さを求めがちですが、

コンパクトなサイズのウッドデッキ(樹脂デッキ)は、気軽に使えて意外に便利。

 

サイズは、濡れ縁(ぬれえん)を少し広げたぐらいの大きさ。

こんな感じ。

***************************************

濡れ縁(ぬれえん)とは・・・

雨戸の外側などに付けられた縁側のことをいいます。

風雨を防ぐ壁などがなく、雨水に濡れるためにこのように呼ばれます。

以前はよく見かけた和風住宅のしつらえです。

***************************************

 

気軽にクッションを出して座ったり

ゴロンと寝そべってみたり

ベンチのように腰かけたり

 

洗濯ものを干したり

寄せ植えを作る作業台にしたり

窓の拭き掃除にも、一役買ってくれます。

 

 

暖かくなり、外で過ごすことが心地いい季節。

家の中から、すっと出られ、気軽に使える「濡れ縁的なウッドデッキ」は、

日々の暮らしに役立ち、くつろぎの空間を提供してくれますよ。